情報掲示板 Forum Index 情報掲示板

 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

京都の花街、コロナ禍の心意気 春の舞踊公演やオンライン向け収

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 花 街
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
管理人
Site Admin


登録日: 2008.01.20
記事: 2228

記事日時: Thu May 06, 2021 3:19 pm    記事の件名: 京都の花街、コロナ禍の心意気 春の舞踊公演やオンライン向け収 引用付きで返信

 新型コロナウイルスの感染拡大が警戒される中、京の花街が春の舞踊公演やオンライン公演のための収録を行った。古都の雅と伝統の火を絶やさぬため、感染予防に細心の注意を払い、最新の技術や機器を用いた試み。舞台を待ちわびていた観客からは大きな拍手が送られたが、出演者の感染により期間中に公演中止を決断した歌舞会もあった。各歌舞会の奮闘と、芸舞妓の思いを追った。

 春の舞踊公演を催したのは祇園甲部と宮川町の両歌舞会(ともに京都市東山区)。先斗町歌舞会(中京区)はオンライン配信に向けて収録を行った。公演の形式や稽古の進め方も通常とは大きく異なる中、出演した芸舞妓らに共通していたのは「今できること、最大限のことでお客さまをもてなしたい」との思いだった。

 「いつもは人さんの稽古を見せてもらって自分も勉強させてもらうのが普通やけど、今回は最小限の人数でお稽古しなければならずつらかった」。宮川町歌舞会の公演「京おどり」が最終日を迎えた4月11日、宮川町芸妓組合長のふく葉さんが稽古から本番まで緊張の連続だった日々を振り返った。

 京おどりは、建て替えを控える宮川町歌舞練場最後の公演でもあった。築100年を超える愛着ある舞台に立つ芸舞妓たちの思いもひとしお。千秋楽を終えた小はつさん(17)は「おねえさん方がつくってきた歴史を思いながら舞った」と舞台を振り返った。

 4月12日からは祇園甲部歌舞会が「都をどり」の代替公演として企画した「春の雅」が開演。チケットは発売直後に完売し、春の京都を彩る踊りの人気をうかがわせた。公演では座敷舞の定番曲を1公演4演目ずつ披露、司会も芸妓が務めた。踊りの間には舞妓や地方(じかた)へのインタビューを交えて会場を沸かせるなど、小規模な舞台だからこその温かな雰囲気が印象的だった。

 「お客さまに応援してもらい、磨き上げられるのが私たちの芸能」。初日の1週間前に行われた「大ざらえ」の日、報道各社の取材に応じた京舞井上流家元の井上八千代さんは語った。「この子らが頑張ってる姿を知っていただき、続けて支えてもらいたい」

 同公演で出演者は本番以外はマスクを外さず、舞台でも地方が座る席や司会者の前には透明なついたてを置くなど感染対策を徹底したが、公演途中の16日夜に出演者1人と出演予定者1人が新型コロナウイルスの陽性となったために公演を中断した。歌舞会では「対策の難しさをあらためて感じた」と吐露する。

 初めてのオンライン版「鴨川をどり」を企画した先斗町歌舞会は、大部分の収録を終え、配信に向けて芸舞妓のインタビューなどを交えた編集作業が続いている。同歌舞会担当者によると、初めての取り組みに緊張感も高まったが手応えも十分だった。「いつもなら24日間かけて仕上げる舞台。今年は短期間に収録したためか、例年以上に一丸となった感じがして達成感があった」
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 メールを送信
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 花 街 All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿:
返信投稿:
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Traduction par : PHPBB JAPAN [20050508] :: JP Support Forum