情報掲示板 Forum Index 情報掲示板

 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

源氏テーマ、魅力を語り曲に親しむ 京都で古典の日フォーラム

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 源氏物語・文学
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
管理人
Site Admin


登録日: 2008.01.20
記事: 726

記事日時: Wed Nov 02, 2016 5:37 pm    記事の件名: 源氏テーマ、魅力を語り曲に親しむ 京都で古典の日フォーラム 引用付きで返信

 伝統文化に理解を深める「古典の日フォーラム2016」が1日、京都市左京区のロームシアター京都で開かれた。「古典の日」が制定されて5年目となるのを記念し、活動の原点にあたる源氏物語をテーマにした講演や交響曲の上演などが行われた。

■寂聴さん「嵯峨には今も物語の世界が」

 紫式部が1008年11月1日の紫式部日記で源氏物語について記したことにちなみ、2008年に源氏物語千年紀事業が府内各地で行われた。古典に親しむ機会をより広げるため、国会が12年に11月1日を「古典の日」と制定した。

 この日、古典の日推進委員会の村田純一会長が「近年、京都に多くの人が訪れているのは、神社仏閣が多いだけでなく清潔な街並みや地蔵盆など生活に豊かな潤いがあるから。これらを支えたのが平安以来の古典の力だ」とあいさつした。

 古典の日推薦よびかけ人を務める作家の瀬戸内寂聴さんは「源氏物語と嵯峨」をテーマに記念講演した。51歳で出家し、嵯峨で寂庵を結んだ後、源氏物語の現代語訳に取り組んだことに触れ「嵯峨は夜になるととても静か。徹夜で仕事をすると、風の音や遠くで鳴く獣の声が聞こえ、源氏物語の世界が身に迫ってくる」と語った。

 このほか、歌舞伎俳優の中村勘九郎さんが父から教えられた古典継承の重みを語ったほか、源氏物語をテーマにした詩編交響曲の上演、作家の林望さんによる源氏物語の魅力についての講演があった。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 メールを送信
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 源氏物語・文学 All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿:
返信投稿:
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Traduction par : PHPBB JAPAN [20050508] :: JP Support Forum