情報掲示板 Forum Index 情報掲示板

 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

京都の花街「日本遺産」認定へ取り組み次々 第1弾は初の合同公

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 花 街
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
管理人
Site Admin


登録日: 2008.01.20
記事: 2222

記事日時: Sat Feb 26, 2022 4:48 pm    記事の件名: 京都の花街「日本遺産」認定へ取り組み次々 第1弾は初の合同公 引用付きで返信

 文化庁による「日本遺産」への認定を目指す京都の花街が、伎芸や伝統行事といった文化の発信に力を入れている。昨年秋には京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)や各花街のお茶屋組合などが「京都花街おもてなし文化振興協議会」を結成、26日に初の大規模な主催事業として五花街合同公演「早春夢舞台」を行う。

 日本遺産は、文化財を観光などに活用する目的で始まった。京都の花街は昨年7月に候補に選定、2023年度までの取り組みが評価されれば、認定される。

 認定の際には、歴史や文化財的価値だけでなく、その文化財を中心に地域が紡いできた物語性も重視される。このため、協議会では花街が育んできた「もてなし文化」に着目。歌舞練場や京友禅、京料理など花街と密接に関わる有形無形の文化財45項目を挙げ、花街文化として一体的に発信する計画を立てた。23年度までに、若手芸舞妓の舞踊公演や伝統工芸体験プログラムなどを実施するという。

 第1弾として行う舞踊公演「早春夢舞台」は南座(東山区)で催され、宮川町、上七軒、祇園東、先斗町、祇園甲部の芸舞妓75人が出演し、上方唄(うた)や常磐津などを披露する。25日に総ざらえがあり、花街ごとに息の合った動きを見せた。祇園甲部の芸妓・小花さんは「古くから続いてきた花街文化を見てもらえるよう、明日も気を抜かずに務めたい」と話した。

 26日は午後1時半、4時半の2回公演。3千〜6千円。当日券は26日午前10時から南座で販売する。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 メールを送信
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 花 街 All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿:
返信投稿:
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Traduction par : PHPBB JAPAN [20050508] :: JP Support Forum