情報掲示板 Forum Index 情報掲示板

 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

京の花形舞踊家3人、谷崎の「細雪」舞う 井上八千代指導、12月3

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 花 街
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
管理人
Site Admin


登録日: 2008.01.20
記事: 2228

記事日時: Tue Nov 30, 2021 4:40 pm    記事の件名: 京の花形舞踊家3人、谷崎の「細雪」舞う 井上八千代指導、12月3 引用付きで返信

 小説「細雪(ささめゆき)」で京都の平安神宮に姉妹が花見に訪れる名場面を、作者谷崎潤一郎が自ら作詞した「花の段」という舞踊作品がある。京舞井上流では四世井上八千代の振付で1953年から伝えてきた。12月3日に大阪で開かれる「とどけ明日へ 未来へつなぐ日本舞踊公演」(日本舞踊協会主催)では、流派を超えた京都の花形舞踊家3人が当代井上八千代(人間国宝)の指導を受け、「姉妹」として華やかに舞う。

 ♪都の花は平安神宮、大極殿の紅しだれよの―

 「花の段」は「細雪」で描かれた大阪・船場の4姉妹のうち、長女を除く3姉妹が登場。紅しだれが咲き乱れる平安神宮で、春の名残を惜しむ姿を、一中節(いっちゅうぶし)に合わせた優美な舞で描く。

 今回の公演は、流派の垣根を越えた顔合わせで、日本舞踊の魅力を発信する特別な企画。次女幸子(さちこ)を若柳吟采(ぎんさい)、三女雪子を花柳双子(そうこ)、四女妙子を若柳佑輝子(ゆきこ)が舞う。いずれも京都を拠点に活躍する踊りの流派の3人が、技法の違う京舞に挑む趣向となる。

 吟采は「お師匠さん(八千代)からは『夢の中で舞っているように』と教えていただき、そのように舞えるよう稽古を頑張りたい」と語り、双子は「やればやるほど深い舞。京都育ちの私たちらしい京の雰囲気が出せれば」、佑輝子は「動(どう)と静(せい)ならば普段は動に重きを置いてきましたが、京舞では静が大切だと感じました。その中で華やかさが表せれば」と誓う。

 八千代は「桜がいっぱいに咲く中で、舞う3人も花となって、妍(けん)を競って華やかな舞台に」と期待する。

 京都関係では、若柳壽延(じゅえん)が弁慶、11月23日に南座で名披露目公演を開く若柳吉亮蔵(きちりょうぞう)が義経を務める「素踊り勧進帳」、井上安寿子(やすこ)の「蛙(かわず)」もある。

 国立文楽劇場で午後5時開演。5千円。日本舞踊協会03(3533)6455。=敬称略
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 メールを送信
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 花 街 All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿:
返信投稿:
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Traduction par : PHPBB JAPAN [20050508] :: JP Support Forum