情報掲示板 Forum Index 情報掲示板

 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

映像作品で「東をどり」2年ぶり復活へ ウィズコロナ時代の花柳

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 花 街
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
管理人
Site Admin


登録日: 2008.01.20
記事: 2221

記事日時: Tue Sep 28, 2021 4:12 pm    記事の件名: 映像作品で「東をどり」2年ぶり復活へ ウィズコロナ時代の花柳 引用付きで返信

 昨年は新型コロナウイルス禍で中止となった、東京の新橋芸者が日頃の修練の成果を見せる伝統的な舞台「東をどり」が今年10月、2年ぶりに復活する。“密対策”をした上で、芸者の踊りなどを収録した映像作品を会場の東京・新橋演舞場で上映する。ウィズコロナ時代の花柳界の心意気として注目を集めそうだ。

 銀座周辺の料亭や芸者で構成される「東京新橋組合」の頭取岡副真吾さん(60)はここ1年半あまりのコロナ禍を新橋花柳界の「惨状」と表現する。企業による宴席がほぼなくなり、芸者歴50年以上の芸者小喜美さんがお座敷に立ったのはわずか数回という。

 だが、岡副さんは「困難にぶつかると、とっぱずれたことをして乗り越えてきたのも新橋の伝統」と語る。歴史をさかのぼれば、新橋花柳界の興りは、徳川びいきの花街・柳橋(東京都台東区)で歓迎されなかった薩長土肥(鹿児島、山口、高知、佐賀の4県)の武士を受け入れたことからだったという。「進取の気風がある新橋らしい東をどりで街の活気を取り戻し、花柳界の灯をともし続けたい」と岡副さん。

 今回の映像化は公演時間の短縮や、楽屋内が演目中の着替えなどで“密”になるのを緩和するのが目的。ベテランをはじめ、中堅、若手約40人の芸者が花柳界の四季を表現する。観客側の座席も間隔を空けて販売する。

 日本舞踊尾上流四代家元の尾上菊之丞さん(45)が総合演出を手掛けた。舞台をそのまま収録するのではなく、普段のお座敷の雰囲気を感じ取ってもらいたいと、7月に2日間にわたり銀座周辺の料亭「新喜楽」と「金田中」で撮影した。

 夏の場面では、新喜楽の「寿の間」に生花のアヤメを配し、芸者が長唄「菖蒲(あやめ)浴衣」に合わせた踊りを披露する。料亭のしつらえと演目との調和が見どころだ。あたかもお座敷で踊りを目の前にしているかのような「没入感」を観客に味わってもらえるようにする。

 金田中では大広間にある横山大観のふすま絵「富士と箱根連峰」を背景に、長唄の名曲「羽衣」を踊る。「芸者の踊りに、料亭の門外不出の逸品などを加えた遊び心が今回の映像の醍醐味(だいごみ)。芸に生きる新橋芸者ならではの粋に触れていただきたい」と菊之丞さん。

 会場には三つのスクリーンを設置。37分間の映像の後、芸者衆が舞台上に勢ぞろいし、口上とフィナーレの踊りを行う。小喜美さんは「厳しい時期に応援してくれたお客さまに感謝の思いを届けたい。一日も早くコロナが収束し、以前のように仕事がしたい」と話す。

 東をどりは新橋演舞場で10月27、28日に各日4回ずつ開催。11月にインターネットで映像配信する。詳しくは公式サイトに掲載する。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 メールを送信
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 花 街 All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿:
返信投稿:
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Traduction par : PHPBB JAPAN [20050508] :: JP Support Forum