情報掲示板 Forum Index 情報掲示板

 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

過去1世紀で初の10代主役 南座顔見世出し物で鷹之資と千之助

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 古典芸能
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
管理人
Site Admin


登録日: 2008.01.20
記事: 1413

記事日時: Sat Dec 15, 2018 7:24 pm    記事の件名: 過去1世紀で初の10代主役 南座顔見世出し物で鷹之資と千之助 引用付きで返信

 平成最後となる南座(京都市東山区)の顔見世で、次代の歌舞伎を担う10代コンビが躍動している。夜の部最後に、息の合った舞踊「三社祭(さんじゃまつり)」をみせる中村鷹之資(たかのすけ)さん(19)と、片岡千之助(せんのすけ)さん(18)。南座を松竹が経営し始めた1906(明治39)年以降の記録をみても、顔見世の出し物のシン(主役)を10代が務めるのは初めて。2人は「今の僕たちにしかできない、若々しい踊りができれば」と、精進する。

 人間国宝・片岡仁左衛門さん(74)の「義経千本桜」や片岡愛之助さん(46)の「白浪(しらなみ)五人男」が終わった後、夜9時40分に「三社祭」は幕を開ける。15分ほどの短さだが、歌舞伎屈指の躍動感あふれる振りと若々しさで、客席はすがすがしさに包まれる。

 千之助さんは、仁左衛門さんの孫。一方の鷹之資さんは、「舞踊の名手」として知られ、2011年に81歳で亡くなった中村富十郎(とみじゅうろう)さん=人間国宝=が69歳の時にもうけた長男。2人は歌舞伎役者の中で唯一の同級生でもあり、富十郎さんは仁左衛門さんに「将来、大(だい)(鷹之資さんの本名)ちゃんと、千之助君とで三社を踊らせてね」と、口癖のように語っていたという。

 「実は子守歌が『三社祭』だったんです」と鷹之資さん。「父は子守歌とかを知らないから、三社祭の『チャチャチャン、チャリチチャリチチャン…』という口三味線を歌いながら、僕を抱いて自宅近くの東京の隅田川沿いを散歩していたそうです」

 富十郎さんは今、京都市北区の大徳寺にある墓に眠る。鷹之資さんは初日を前に、墓参りをして「見守ってください」と伝えた。

 一方の千之助さんも、仁左衛門さんから数年前、三社祭のDVDを「そのうち大ちゃんと踊ることができるかもしれないから」と手渡された。顔見世での上演が今夏決まり、「とにかく楽しく、勢いよく、力一杯体を動かそう」と、2人で稽古に励んできた。

 初日の舞台は「初の南座で三社。緊張とうれしさ、いろんな思いでいっぱいでした」と2人。客席最後方で仁左衛門さんも見守る中、はつらつと踊った。

 2人とも大学1年生。今回が東京以外で初の長期公演となり、「千秋楽までは舞台に集中。それからテスト勉強を詰め込みます」と、学生らしい顔ものぞかせた。顔見世は26日まで。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 メールを送信
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    情報掲示板 Forum Index -> 古典芸能 All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿:
返信投稿:
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Traduction par : PHPBB JAPAN [20050508] :: JP Support Forum