投稿者 メッセージ
管理人
記事日時: Mon Apr 06, 2015 4:08 pm    記事の件名: ミツマタ1千本、桜と競演 滋賀・百済寺

 滋賀県東近江市百済寺町の百済寺で約千本のミツマタが淡い黄色の花を咲かせ、観光客を楽しませている。

 樹皮が和紙の原料となるミツマタは、枝が三つに分かれて成長することから名が付いた。ジンチョウゲ科で、30〜40個の小さな花が直径8センチほどの球体のように密集して咲く。濱中亮明住職(71)が2000年から、境内に自生し獣害に強いミツマタを参道脇などに植えて育てた。

 5日は境内が霧に包まれた。

 満開の桜との競演も見られる。4月下旬まで。

Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group