投稿者 メッセージ
管理人
記事日時: Wed Mar 20, 2019 4:11 pm    記事の件名: 神秘の青緑色、ヒスイカズラ開花 京都・宇治市植物公園

 宝石の翡翠(ひすい)を思わせる鮮やかな青緑色の花が特徴のヒスイカズラが、京都府宇治市広野町の市植物公園の観賞温室「緑の休息所」で開花した。長く垂れ下がった花房の数が今年は多いといい、神秘的な雰囲気を醸し出している。

 ヒスイカズラは、フィリピンなど熱帯雨林に自生するマメ科のつる植物で、同公園には1株が植わる。

 2月ごろ、頭上の棚から花芽約50本が垂れ下がり始め、今月上旬に「オウムのくちばし」とも表現される独特の形をした6センチほどの花が咲き始めた。花弁が連なった花房は、藤の花のように垂れ、長さ50センチ〜1メートルほどになるという。

 公園によると、つぼみが順次開花し、見頃は4月初旬まで。「今年は管理がうまくいき、花芽の数がとても多く、間近で楽しむことができる」としている。月曜休園。入園料が必要。

Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group