投稿者 メッセージ
管理人
記事日時: Wed Dec 19, 2018 4:08 pm    記事の件名: 「100年で最も素晴らしいラン」開花 京都府立植物園

 京都市左京区の府立植物園でこのほど、「過去100年で最も素晴らしいランの発見」と評されたラン「フラグミペディウム・コバチー」が開花した。丸みのある大きな花びらを広げている。

 フラグミペディウム・コバチーは、2002年に南米ペルーで発見されたランで、アマゾン川源流地域の密林に分布する。花はフラグミペディウム属では最も大きく、15センチを超えるものもある。

 日本では09年に開花した株が初公開された。同園では15年から株を導入し、これまで花芽は見えたものの開花に至らなかった。17年から栽培する株が、今月13日に初めて紫がかったピンク色の花を咲かせた。

 同園によると、開花期間は1週間〜10日。この株にはもう一つ、つぼみがあり間もなく開花する見込みという。

Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group